2013年5月13日 (月)

老舗 君野園様へ

上野アメ横、上中にある 君野園 様へ、新茶の接茶販売のお手伝いに行きました。


新茶前線は順調に北上し、静岡牧の原と掛川の新茶を販売。

rps20130513_152723_785.jpg

牧の原の新茶は、清々しく爽やかな後味。少々の苦味も心地よく、新緑の季節を想わせる。


掛川の新茶は、優しく、まろやかで、コクがあって甘みを感じる和菓子のような味。


どちらも、素晴らしく厳選された茶葉を一流の社長、皆様が提供していらっしゃる揺るぎ無い安定感は、代々続いていらっしゃる老舗の証ですね。

rps20130513_152803.jpg

日本茶インストラクターとしても、尊敬申し上げておりますが、皆様温かくて。


インストラクション術は勿論、おもてなしの極意を学び人生観をも覆す、よい意味での衝撃を受けて参りました。


本当にありがとうございました。




2013年4月17日 (水)

お茶会にて

茶龍路様のお茶会にて


rps20130417_190853.jpg


沖縄の印雑、桜の香り煎茶、桃のフリーズドライチップが入った桃香


貴重な浅蒸しの新茶は、2煎目まで味わい、後に醤油やポン酢でいただくもよし


rps20130417_191555_155.jpg


お誕生日の方もいらっしゃり


おめでとうございます


そして、ご馳走様でした!


5月2日は、八十八夜


新茶の季節、新緑の季節到来です!




2013年4月16日 (火)

CAEE HANA風 お茶会を練る

日本茶インストラクター、コーヒーコーディネーターとして随時、美味しい淹れ方教室を開催していたものの事務的な活動がメインになっていた今日この頃。


私が抱いているものは、まるでCAFEにいるかのような。


そんな癒しの空間と時間をお客様に提供することが出来たら幸せ。


rps20130416_094912_491.jpg


新茶の彩と、爽やかで清々しい香りも伝えたいし、ミルで挽きたてのコーヒーのアロマも感じ取っていただきたい。


rps20130416_094944_384.jpg

rps20130416_095054_918.jpg

↑写真はB&Mさんにて


そんな、欲張りなCAFE HANA風 お茶会を練っています。




2013年4月15日 (月)

和菓子司 美よ志

新緑の季節には、和菓子と日本茶が合います。


あえての、無花果もなか

rps20130416_101042_428.jpgrps20130416_101115_971.jpg

おすすめはイチゴ大福。

rps20130416_101146_681.jpg

フレッシュなイチゴがとってもジューシーで甘く美味しかったです。


これからの季節、是非近くの玉敷神社の大藤鑑賞。お勧めです。




2013年4月 9日 (火)

熊谷 newland

近くまで出掛けたので、newlandへ立ち寄りました


B&Mベーカリーさんで、お茶するも


rps20130409_152550_867_1.jpgrps20130409_152617_889_1.jpg

満腹で榧ノ森カレー食堂さんは断念せざるを得ず(^-^;


rps20130409_152215_183_1.jpg


4/21グロッサリーを中心としたイベントの告知です


rps20130409_152414_136_1.jpg


今月末には、カフェもオープンです!






2013年4月 4日 (木)

なつかしcafe 朱莉屋さんへ

かねてより気になっていた

なつかしcafe 朱莉屋さんへ

rps20130404_192248_860_1.jpg
メニューは、こちら

rps20130404_192329_577_1.jpg
店内撮影は、基本的にご遠慮下さいとあったのですが、他のお客様がいらっしゃるまでというお約束でパチリ!

rps20130404_192022_501_1.jpg

やっぱり来て良かった!ノスタルジック感溢れる店内?室内。
rps20130404_192403_457_1.jpg

画像は無しですが、ミルクコーヒーのカステラがつきました。

胡桃の米粉スコーンをお土産に

rps20130404_192112_640_1.jpg

翌朝いただきましたが、レンジでチンしてトースターで焼き色を強めに付けると美味しかったです( ^-^)_旦~



2013年4月 1日 (月)

日光にて

鬼怒川温泉帰りの、日光ぶらり散策!


本来の目的は、霧降高原の「山の上のレストラン」


しかし、いつもの早とちりでオープン前に到着し、待てずに断念


こちらのコーヒーは、数年前に「霧降の滝」を観て冷え切った身体を温めてくれた、想い出のコーヒー。


苦味はけして主張せず、むしろ脇役のミルクの甘味が印象に残っていて、再確認したかったのです


下山して、東武日光駅隣の「明治の館

」へ


rps20130401_130719_127_1.jpg


ケーキは、山の上のレストランと同じ物を出されています


日光と言えば、ニルバーナ チーズケーキですね


コーヒーとセットの焼き菓子と共に。


次の旅に余韻を残すのも、愉しいですね!





2013年3月31日 (日)

適量から想う!

カップになみなみと、注いだコーヒーを嗜みながら想う。


カフェなら、とっても嬉しいし☆得した気分♪

rps20130331_160658_090.jpg



そして、カップに7分目のコーヒー。


rps20130331_161110_361.jpg

なんだか寂しげ…


味わう前に、飲み干してしまいそう。


紅茶も同様の印象を覚えます。


日本茶は、湯呑み7分目が美しいですね


6分目でも、どこか控えめで2煎目に期待が持てるし


上級茶葉程、小さな湯呑みでいただくから、高級感をも醸し出す


rps20130331_161201_112.jpg


嗜好飲料によって、その適量から感じ取り風情を愉しむ!


そんな、ゆとりの心を携えて行きたいです!






2013年3月22日 (金)

カフェ探訪

過日、ソフィーズ ガーデンさんに出掛けました


ランチは11:30から。

早く着いた私は、食前にりんごのタルトタタンと、ランチのコーヒーをも事前に出していただくという荒技を成し遂げ


rps20130322_204253_157_1.jpg


蕎麦粉のガレット&キッシュをオーダー


rps20130322_204341_549_1.jpg


スープとグレープフルーツのゼリー付


rps20130322_204437_237_1.jpg


rps20130322_204459_969_1.jpg


寄せ植え教室なども行われるという、グリーンや花々を愛でながらの食事。


rps20130322_205050_914_1.jpg

喧騒を忘れただただ静かに過ごす、爽やかな時間でした


rps20130322_204949_255_1.jpg


ソフィーズ・ガーデン


〒361-0041 行田市棚田町1-24-2

TEL&FAX 048-501-6884





2013年3月21日 (木)

日本茶のこと

"日本茶に対する熱い思い"を綴りたいと思います。


私と日本茶の出合いは、しっかりと物心ついた小学校の高学年の頃だと思います。


普段は、成長期の栄養を考え母は牛乳をいつも用意していてくれたから、水代わりに"牛乳"でした。


遠足などに持参する麦茶には、砂糖が入っていたし、決して日本茶の出番は多くありませんでした。


それからは、両親が日本茶好きだったから、成長と共にまた会話を通して飲む回数が増えていきました。


そこには、私の一番大切なそして今に至るきっかけ「団欒」があったからです。


日本茶が好きで、日本茶の勉強をしたいと思うようになったのは、お茶を通して団欒する温かい家族の繋がりを継承していきたい!急須で淹れた本当の日本茶の美味しさを多くの人に知ってもらいたい!


そして、日本茶は爽やかな香りと、渋みを持ち繊細でありながら、旨みを感じ後味には余韻を残すこのような素晴らしい飲み物でありながら、人と人を繋いでくれる「ささやかでありながら、最大のコミュニケーションツール」である事に感動を覚えたからです。

rps20130321_095739_649.jpg

以前、先輩があなたの淹れたお茶は優しい味がするね。と仰って下さいました。


心を込めて淹れたら、伝わるのですね。


私は、「お茶、美味しいよ」の一言が最高の幸せです。


いつも、これからもずっとおもてなしの心を持ち続けます。




«☆グルメ紀行